スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)

 新内閣が発足早々、最初のハードルでつまずいた。11日未明、郵政改革法案の成立困難を受け、連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相の辞任表明。「両党間の約束を破られた」と民主党を非難しながらも連立は維持。支持率がV字回復した新内閣を前に、存在感をアピールするしたたかさをみせた。
 午前1時すぎ、長時間の党内協議を終えて党本部の会見場に現れた亀井氏はやや疲れた表情。「両党間における約束を破られた。約束を履行させることができなかった責任上、わたしが閣外に出ることで、皆さんにもご了解いただいた」と報告した。一方で、連立の維持と参院選後の同法案早期成立の言質を取ったと強調。後任に自見庄三郎幹事長を推薦する意向を示した上で「総理に対して話をしたいが、まだ電話がない」と述べた。
 その直後、菅直人首相から電話が入り、会見は約20分中断。再び会見場に現れた亀井氏は、首相から再三慰留されたことを明かした上で「けじめはきっちりと付けたい」とアピール。「いろいろ長々と言われたけれども、わたしの意思は固い。男の美学でもあるしね」と大見えを切った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅首相、あす宮崎入り=口蹄疫の実情把握へ
拉致家族、解決求めデモ=菅首相と面会も

たちあがれ日本、杉村太蔵氏を比例選に擁立(読売新聞)
荒井戦略相 コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)
私大初年度納付金131万円 過去最高を更新(産経新聞)
施術装い下半身触る=整体師の男を逮捕―神奈川県警(時事通信)
「推薦」と「支援」 戸惑う現場−レポート 2010年参院選(医療介護CBニュース)

民主代表選で菅氏を支持=野田氏(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は3日、都内のホテルで記者団に対し、民主党代表選で菅直人副総理兼財務相を野田グループとして支持する考えを表明した。野田氏は「菅さんが(代表に)ふさわしいだろうということで仲間内の合意ができた」と述べた上で、「この後、菅さんと会い、思いを伝えたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら(毎日新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
菅首相が誕生=衆院で「第94代」に指名―8日組閣へ、閣僚・党役員人事焦点(時事通信)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)

出産育児一時金めぐり6月にフォーラム―産科学会と医会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)と日本産婦人科医会(寺尾俊彦会長)は、6月13日に東京都千代田区の都市センターホテルで、「出産育児一時金制度改革を考える公開フォーラム」を開く。

 出産育児一時金をめぐっては、4月から完全実施予定だった医療機関への「直接支払制度」に対し、支払いが最長で2か月後となることから「医療機関の資金繰りが苦しくなる」として学会と医会がそろって反対。厚生労働省が来年3月までの猶予を決めると、学会と医会が共同で、同制度を来年3月で廃止して新しい制度を創設するよう求める要望書を、長妻昭厚生労働相に提出している。

 学会医療改革委員会の海野信也委員長は開催理由について、「学会、医会がどのように考えて要望書を出したのか、会員や一般の方に直接説明する機会がなかった。また、今後の新しい制度の検討に向けて、会員や一般の方との意見交換が必要と考えた」としている。

 フォーラムでは、海野委員長が「出産育児一時金制度と分娩費用の関係について―日本産科婦人科学会の取り組み」、医会の神谷直樹常務理事が「出産育児一時金制度直接支払制度が分娩の現場に及ぼした影響」、井上清成弁護士が「新しい出産育児一時金制度について」をテーマにそれぞれ講演する。
 その後の総合討論では、学会・医会の会員だけでなく、一般の参加者も交えて議論する。

 時間は午後6時からで、参加は無料。参加希望者は9日までに、学会事務局にファクス03(5842)5470で申し込む。問い合わせは同事務局03(5842)5452まで。


【関連記事】
直接支払制度の完全実施、さらに1年延長―厚労省
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加
勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏
医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会

首相沖縄再訪「辺野古」明言 “公約”と矛盾 偽りの5月決着(産経新聞)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
加藤被告の動機に証人「人間、誰でも起こりうることかも…」(産経新聞)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」―国民新代表(時事通信)

供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部による元公設第1秘書大久保隆規被告(48)に対する18日の事情聴取は、約4時間にわたり行われた。大久保被告が起訴前の取り調べでの供述を維持し、小沢氏の関与を否定したため、供述調書は作成されなかったという。
 小沢氏側関係者によると、事情聴取は東京地検で、午後5時45分ごろまで約4時間行われた。
 大久保被告は起訴前の取り調べで、衆院議員石川知裕被告(36)らによる虚偽記載を了承したことは認めたが、小沢氏の関与は否定したとされる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

徳之島町議に官房長官「米軍5百人受け入れを」(読売新聞)
種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)
高齢夫婦?刺され死亡、男逃走 京都・長岡京(産経新聞)
3月の機械受注5.4%増=基調判断、2カ月ぶり上方修正(時事通信)
点滴異物注入、懲役15年求刑=弁護人は執行猶予求める―京都地裁(時事通信)

<本>元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)

 殺人や誘拐など凶悪事件を担当する警視庁捜査1課長などを歴任した久保正行さん(61)が、数々の事件を振り返った「君は一流の刑事(デカ)になれ」(東京法令出版、1890円)を出版した。悪戦苦闘しながら容疑者に迫る生々しい捜査の実録は「頑張れば報われる」という若者へのメッセージにもなっている。

 久保さんは北海道新得町出身。高校卒業後に上京し約40年にわたり刑事人生を送った。08年に退職後は航空会社に勤務、休日を利用して本にまとめた。

 著書ではまず、「最も思い出したくない」事件として、92年に都内で70歳の女性資産家が行方不明になった事件から回想。浮かんだ「ホシ」(容疑者を指す隠語)の逮捕を目指したが、なかなか逮捕状が取れず、判断ミスも重なって取り逃した容疑者は高知市内のアパートで自殺し、被害者の遺体も見つけられなかった。「プロが失敗するとどうなるのかを知ってほしい」とあえて取り上げた。

 掲載したのは約15事件。共通しているのは死体が静かに発信する「犯人を捕まえて」というメッセージを逃さず「何としてでも成し遂げる」という強い気持ちの大切さだ。久保さんは「事件はドラマのように数時間では解決しないが、ホシを挙げられなければネズミを捕れないネコと同じ」と強調する。

 一般読者のために、刑事にまつわる豆知識も書いた。取調室の机にはドラマのような電気スタンドはない▽容疑者を逮捕する際は殉職も覚悟してきれいな下着を着ける−−などだ。さらに験担ぎとして、事件が長引かないことを願い長いそばやうどんを食べない▽ビールはホシがラベルに描かれた銘柄にする−−ことも紹介した。

 久保さんは「若い刑事だけでなく、一瞬の判断が求められる仕事をしている人にも読んでほしい」と願う。【長谷川豊】

強制わいせつで男を逮捕 「130キロ」が目撃情報と合致 東京・光が丘(産経新聞)
紅葉の名所は新緑の名所 東福寺(産経新聞)
<遺体発見>身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に(毎日新聞)
新しい婚礼披露のかたち 拡大する1・5次会市場(産経新聞)
<雑記帳>銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)

3地震同時発生、想定死者・静岡で8100人(読売新聞)

 内閣府は21日に開かれた中央防災会議で、「東海」「東南海」「南海」の3地震が同時に発生した場合の都府県別の被害想定を初めて公表した。

 政府が今年9月に計画している3地震の同時発生を想定した総合防災訓練をにらんでの公表。8100人の静岡県や4900人の高知県など死者数が1000人超となるのは6県にのぼると推計され、中井防災担当大臣は会議後、3地震の同時発生を想定した対策大綱などの策定を検討する意向を示した。

 東海地震は駿河湾周辺、東南海地震は静岡県沖から紀伊半島沖、南海地震は紀伊半島沖から四国沖を震源とし、それぞれ100〜150年間隔で発生しているマグニチュード8クラスの巨大地震。1707年の「宝永地震」は3地震の同時発生と推定されている。同会議の専門調査会は、東海地震、東南海・南海地震が発生した場合の都府県別の被害想定を2003年に公表していたが、3地震の同時発生を想定した被害想定については、全国の被害総数を公表したのみで、都府県別の値は未公表だった。

 今回公表された被害想定は、風速15メートルの強風下で朝5時に地震が発生し、全国の死者数が最大となるケース。その場合、全国の死者数は2万5000人に上り、このうち、静岡、高知、和歌山、三重、愛知、徳島の6県で死者数が1000人を超えるという。

 最も被害が大きい静岡県では、建物倒壊による死者が6600人、津波、火災、土砂災害による死者がそれぞれ500人と予想されている。また、津波の被害が甚大と想定されるのが和歌山県と高知県で、住人の避難意識が低い場合、死者はそれぞれ3300人と2900人に達するという。

山崎さんシャトル帰還=日本人最後、一時代に幕−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)
鉄道運転士体験、初級編にファン次々挑戦(読売新聞)
学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」(J-CASTニュース)
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も(産経新聞)

母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷−愛知県警(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、逮捕された長男高之容疑者(30)が最初に母親の正子さん(58)、次にめいに当たる金丸友美ちゃん(1)、その後岩瀬さんら3人を刺したことが19日、県警豊川署への取材で分かった。
 同署は、高之容疑者がインターネットを誰が解約したか正子さんに問い詰めた後、次々と一家5人を刺したとみて、殺傷時の詳しい状況を調べている。
 同署によると、同容疑者は17日午前2時すぎ、2階で寝ていた正子さんに懐中電灯を照らしながら「誰がネットを解約した」と問い詰めたという。同容疑者は弟が解約したと聞き、1階の台所から包丁を持ち出し、まず2階で正子さんを、次に同じ部屋にいた友美ちゃんを刺した。その後、再び1階に下り、岩瀬さんら3人を刺したという。
 事件では岩瀬さんと友美ちゃんが死亡、正子さんら3人が重軽傷を負った。
 同容疑者は逮捕直後、「父親にネットを止められた」と話しており、供述が矛盾することから、同署はネット解約をめぐるトラブルの経緯を詳しく調べている。 

【関連ニュース】
刺し傷、5人に計44カ所=事件前、トラブル通報8回
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に
少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件

入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)

トレーラー高速でタイヤ脱落、路肩で炎上(産経新聞)

 20日午前10時40分ごろ、大阪府守口市外島町の阪神高速守口線下りで、走行中の大型トレーラーの後輪のタイヤが脱落し、道路脇の路肩付近で炎上した。府警高速隊によると、外れたのは後輪右側のダブルタイヤ(直径約1メートル、幅約60センチ)1組で、約10分後に消し止められ、けが人はなかったが、現場付近は一時通行止めになった。高速隊はトレーラーの男性運転手(46)から整備状況を聴いている。

【関連記事】
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故
愛染恭子あわや…炎上沈没船に乗っていた
東京湾・第2海堡の黒煙の正体は? “海上のもしも”に備える訓練の場
酒井被告夫妻のピンクハウス、火あぶり!

中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理−男女参画会議(時事通信)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)
両親殺傷 容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)

関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)

 上空に流れ込んだ強い寒気の影響で、関東地方では16日夕から17日朝にかけて、山沿いを中心に雪が降り、積雪となる所も予想され、気象庁では路面の凍結や農作物の管理などに注意を呼びかけている。

 同庁によると、17日正午までに予想される降雪量は、関東北部の山沿いと甲信地方で20センチ、関東北部の平野部で5センチ、箱根から多摩西部、秩父にかけて8センチ。積雪にはならないが、関東南部の平野部でも雪が降る見込み。

葵祭 第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ(毎日新聞)
対症療法、壊し屋…橋下vs井戸バトル再燃 総意どこ?3空港懇(産経新聞)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
体調万全で作業も順調=持参の日本食、同僚に好評−宇宙で仕事1週間・山崎さん(時事通信)
ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる(産経新聞)

自民、異例の全職員朝礼=谷垣総裁が参院選へ「檄」(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は9日午前、党本部で全職員約160人を集めた朝礼を開き、「自民党を再生し、新しい時代を切り開くチャレンジャーとして、職員一人一人が志を持ってほしい。一緒に戦おう」と述べ、参院選に向け一丸となるよう檄(げき)を飛ばした。
 朝礼は非公開で大島理森幹事長も出席。総裁が党職員を一堂に集めて朝礼を開くのは異例だが、政党支持率が伸び悩み、離党者も相次いでいることから、職員の士気を高める狙いがあったようだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん−井上ひさしさん死去(時事通信)
ガマガエル 国内初の飼育下繁殖に成功 井の頭自然文化園(毎日新聞)
公明・遠山氏が繰り上げ当選(時事通信)
メッセンジャー黒田さん活動再開(時事通信)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
債務整理・自己破産
ネイルサロン
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理 無料相談
ショッピング枠現金化
現金化
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    紳士28号 (06/07)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    ぱんてい (05/03)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    とろろいも (01/18)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    サキューン (01/01)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    こういち (12/27)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    ちょーたん (12/12)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    ちんたまん (12/04)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    しゅうじん (11/23)
  • 閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調―未明の会見で亀井氏(時事通信)
    ゆきぴこ (11/13)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM